気になる!クリーンブース

クリーンブース導入

クリーンブースの管理の難しさ

気になる!クリーンブース クリーンブース、クリーンルームとは、異物混入を避けるため局地的に清潔な環境を整えた場所のことです。
ビニール等で作られた簡易的なものをブース、部屋として確立している場所をルームとされることが多いですが、明確な定義があるわけではなく重要なのは機能であると言えます。
クリーンブースを管理する上で難しい点が、洗浄度を保って正確にコンタミネーションコントロールを行う点、温度や湿度のコントロールが伴わない場合があるといった点です。
特に精密機械の工場などにおいて、その管理は重要性を増します。
どこに発生するか、どこから発生するかがわからない小さなホコリ一つの侵入により、出来上がった機械の不具合の率が高まってしまうため、クリーンルームやクリーンブースの前にはエアシャワーを置くなど、二重三重の対策を講じる必要があります。
過去にはこれらの設備を用意するために多額の維持費がかかっていましたが、近年では省エネ仕様のものもでてきており、今後の発展が望まれる部分でもあります。

医薬品開発に欠かせないクリーンブース

医薬品の研究・開発・製造の過程において、もっとも危険な事として「異物の混入」があげられます。
精密な実験や検査をする際に必要な「異物のないスペース」を作り出すために欠かせない存在が「クリーンブース」です。
医薬品開発や医療の分野以外にも、精密機器の検査・製造過程においても重要なクリーンブースですが、幅広い分野のニーズに合わせてさまざまなサイズやタイプがあります。
標準的なものはアルミフレームにビニル製の間仕切りがついているものですが、比較的安価で、組み立ても短時間で完了するので、部屋全体をクリーンルームにするよりも高いコストパフォーマンスが得られます。
また、据え置きのクリーンルーム間を移動する際には、便利なキャスター付きの移動式クリーンブースもあります。
医薬品の研究や検査の際には、外気の遮断だけではなく、クリーンな空気の循環ということも必要になってくるので、専用のファンを備えて、用途に応じた気流の流れを選択出来るタイプもあります。