気になる!クリーンブース

クリーンブース導入

クリーンブース内の、運搬方法注意点!

気になる!クリーンブースクリーンブースはホコリやチリ、異物などを制御し、クリーンな空気を循環させ、綺麗な空間を保つことができます。
この空間を確保するためには、明確なルール化に努め、共有し行動しなければなりません。
近年益々ニーズが高まって来ているグリーンブースですが、 工場の移転や新設などによって大型機械を運搬し搬入するのには、清浄度を保持しなければいけないので 細心の注意が必要となります。
清浄度レベルを規定値内にとどめるため、入出する際は防塵服やマスクを着装し、エアシャワーを浴びてから入室します。
しっかりとお客様と念密な打ち合わせは欠かせません。
そして様々な資格が必要とされるブース内での作業では、技術に精通したチームにて運搬し、作業は迅速に行うことが鉄則です。
また 大型機械などの精密機器をホコリやチリから守るためにも、梱包は慎重に行いブース内を汚さないよう気を付けます。
このようにクリーンブースは より安全な運用を目指すとともに、運搬技術の向上が求められています。

クリーンブース/オーダーメイドでサイズ指定も

クリーンブースとは、安価かつ簡易的に清浄空間を得るための装置です。
一般的なものは、アルミ製の骨組みの周囲をビニールで囲い、FFU(ファン・フィルター・ユニット)を天井に乗せることで上から綺麗な空気を供給します。
クリーンブースは、精密機器や食料品、医薬品などの製造現場や医療現場など、様々な場で必要とされています。
科学技術が進歩し続ける現代社会において、特に研究開発の現場ではますます需要が高まる存在となっています。
最近では、オーダーメイドで好きなサイズのクリーンブースを作ることのできる企業も増えています。
1mm〜100mm単位でのサイズ指定も可能となっており、一人での作業用はもちろんのこと、必要な場所に適した大きさのものを設置することが可能です。
サイズだけでなく、天井やカーテンの材質、洗浄度レベルに応じたフィルターの選定なども可能です。
目的に合わせた柔軟なオーダーが出来るようになっており、無駄の無い最適なクリーンブースを設置することがますます容易になりました。